どのような性病がインポテンスにつながるか

すべての病気の中で性的最も性的な問題は最も不愉快を考えられています。
刺激物の性病『ウイルス、心筋症、バクテリア、寄生生物』は患者との性的な接触のせいで人体に入れます。最も一般的な性病の兆候は陰茎から臭気のある分泌,セックスと排尿中に不快感、陰茎の痒み、発疹です。この男性の病気の結果はインポテンスと不妊症です。

インポテンスにつながる病気

  • ヘルペス
    この病気は多くの人体のシステムを侵します。性的なシステムは特例がありません。内側の陰茎の皮も侵させます。男性に感染の兆候は肉刺と怪我です。ヘルペスのウイルスは強い痒み、排尿中に不快感の兆候があります。
  • 淋病
    性器だけでなく、目、咽頭,関節、直腸を苦しみます。病気は初期段階に発現しません。感謝は性器から緑の分泌、痒み、排尿中に痛みがあります。
  • クラミジア
    クラミジアは男性の人体に悪い影響があります。この病気は寄生生物のバクテリアが招来します。病気は初期段階に発現しません。化膿性の分泌、排尿中に痛み、痒みを発生したあとで見立てることができます。クラミジアは尿道間と前立腺を炎症する確率を増加します。
  • トリコモナス症
    この病気の兆候は上記と同じです。時々陰茎に爛れを発生します。トリコモナス症を治しない結果はにインポテンスと前立腺の病気です。多くの方法を伝染することができます。
  • HIV感染
    HIV感染は伝染の方法は多いです。例えば、セックス中や輸血中などです。最初の病気の兆候は熱、隣保館の増加、液便です。

この兆候を見つける場合にすぐに医者と相談しなければなりません。