心因性ED(機能性ED)は何ですか‘。

 心因性EDの特徴

ED(勃起不全)は原因別に、機能性ED(心因性ED)と器質性EDのタイプに分類することができます。機能性ED(心因性ED)と器質性EDの違いは、勃起機能が正常にも関わらず、心理的要因などによって勃起ができなくなるということです。

心因性EDの原因

一般的な心因性ED原因としては、ストレス、自尊心の欠如、プレッシャー、家族の葛藤、心的外傷、などの精神的な要因です。

心因性EDのタイプ

精神的な要因が多いですが、2つの主なタイプが分類されています。

 

  • 現実心因で引き起こされます。

 

日常生活の仕事や家庭内でのストレス、長期間セックスをしていなかったこと、失敗したらどうしようという不安などの理由が機能性EDになりやすいです。

また、現実心因EDの原因・誘因によって、いくつかのサブタイプに分類できます。

o   「妻だけED」・特定のパートナーのみED

原因はパートナーとの長期の付き合いから慣れが生じセクシャリティーを感じなくなったること

o   童貞ED

初めての性行為時、緊張してしまい上手く勃起ができないこと

o   コンドームED

前戯の段階では勃起をしているのに、コンドームを使用することで急に勃起できなくなること

o   バーチャルED

最近、若者がアニメやゲームなどで性処理をしすぎますから、リアルの女性に勃起ができなくなってしまうこと

  • 心因性EDタイプは過去の出来事に関係があります。

日常生活には特にストレスはないものの、幼児期の体験、心的外傷や性的トラウマなどが原因となり、EDを起こす場合があります。そのような深層心因の場合には、原因を明らかにするまでに長期間を要します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です